「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
親子の年令の比からある年数を求めるには?

〈中学受験・年令算〉親子の年令の比からある年数を求めるには?

はじめに

みなさんこんにちは!

「さんすうがく 」の赤い小人です。今日も元気に問題を解いていきましょう!

今回はみなさんもよく知っている年令についての問題です。

年令算ねんれいざん」とばれたりするらしいです。(覚えなくてOK!)

全ての受験生にわかるように、ていねいに解説をしているのであきらめずに頑張りましょう!

それではまずはカンタンなウォーミングアップから始めていきましょう。

年令算の考え方

今、8才の赤い小人と16才の黄色い小人がいるとします。

この2人の7年前、8年後の年令はいくつですか?と聞かれたら、すぐに

7年前→赤い小人1才、黄色い小人9才
8年後→赤い小人16才、黄色い小人24才
もとめることができると思います。

中学受験算数、年令算の考え方

↑29才に見えるけど、24才って書いてあります!

では、黄色の小人の年令は赤い小人の何倍ですか、と聞かれたらどうしますか?

その場合、線分図を書いて見るとわかりやすく考えることができます。

では実際じっさいに書いてみましょう。

中学受験算数、年令算の問題

赤いまるが赤い小人の年令、黄色いまるが黄色い小人の年令を表しています。

線分図を見てみよう(7年前の2人の年令)

まずは7年前の図に注目すると、赤い小人が1才、黄色い小人が9才であることがわかります。

ここで赤い小人の年令を①とすると、

黄色い小人の年令は当然⑨と表すことができますね。

なので、黄色い小人の年令は赤い小人の9倍であることがわかります。

線分図を見てみよう(現在げんざいの2人の年令)

では現在げんざいの2人の年令を見てみましょう。

赤い小人は8才、黄色い小人は16才なので、

赤い小人の年令を①とすると黄色い小人の年令は②になりますね!

なので、黄色い小人の年令は赤い小人の2倍であることがわかります。

線分図を見てみよう(8年後の2人の年令)

それでは最後に8年後の2人の年令を見てみましょう。

赤い小人は16才、黄色い小人は24才なので、赤い小人の年令を②とすると黄色い小人の年令は③になることがわかります。

↑赤い小人の年令を①にすると、黄色い小人の年令が小数になってしまうので、今回は②で考えよう!

よって、黄色い小人の年令は赤い小人の3/2(1.5)倍であることがわかります。

ここまで理解できたら実践じっせん問題に挑戦ちょうせんしていきましょう!

問題に挑戦ちょうせん

現在、母は45才、子は19才です。母の年令が子の年令の3倍だったのは今から何年前ですか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん