「さんすうがく」は中学受験算数の問題をお父さん、お母さんといっしょに勉強できるサイトです!
平均点から受けたテストの回数を求めるには?

〈中学受験・平均算〉平均点から受けたテストの回数を求めるには?

解答

5回

解説を見てみよう!

中学受験算数、「平均算」に関するイラスト解説

さあ、まずは問題文から面積図をかいていきます。

きちんと問題文通りに書けましたか?

解説の左側に書いてある面積図が問題文の内容をそのままかいたものになります。

横は今までにテストを受けた回数を、たては1回あたりの平均点になります。

そうなると面積(たて×横)が

1回あたりの平均点(たて)×回数(横)=全部のテストで取った合計の点数(面積)

と考えることができます。

赤の四角形(今までのテストの合計点数)+94(今回の1回のテストの点数)=黄色の四角(1回あたりの平均点×今まで受けたテスト)になります。

そう考えると解説の右に書いている緑の四角形2つの面積が同じになるはずなので、

緑(右)の面積が、

10点/1回(たて)×1回(横)=10点(面積)

と求めることができますので、緑(左)も10点であることがわかります。

緑(左)の面積も10点なので、

10点(面積)÷2点/1回(たて)=5回(横)となります。

同じところ(緑の面積たち)を見つけて、それらがつりあうように計算すれば答えが出ます!

つりあうように=同じように

つり合いの考え方はこちらのイラストも参考にしてみてください。

中学受験算数、面積図の書き方

↑黄色と赤色の四角形の面積が同じとき、青色の四角形と緑色の四角形の面積が同じになります。

平均点から受けたテストの回数を求める問題のまとめ

今回の問題で大事なポイント

  1. 平均の考え方(だいたいこれくらいの数のこと)
    • 同じところを見つける・作る
  2. 面積図の考え方(たてと横の単位)

いかがでしたか?平均点の問題は面積図を書いて解いてみるとかんたんに求められましたね。

平均の復習問題はこちらになっています。

この問題だけではわからない!もっと他の問題にチャレンジしたい方はこちらから解いてみてください!↓

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

【THANK YOU!】 yuchanmanさん ばーやんさん sarie oさん nubusunさん yama8139さん marissaさん