「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
食塩水の濃度から混ぜた2つの食塩水を求めるには?

〈中学受験・濃度算〉食塩水の濃度から混ぜた2つの食塩水を求めるには?

はじめに

受験生のみなさんこんばんは!

「さんすうがく」のい小人です。

今日は中学受験算数の中の「食塩水」の問題に挑戦ちょうせんしていきましょう。

まずはいつも通り食塩水についての基本を復習していきましょう!

食塩水の考え方

食塩水=塩+水

食塩水の基本的な考え方

食塩水は名前のとおり、食塩(塩)+水でできています。

食塩水の基本的な考え方

なので、

食塩水の重さ=食塩の重さ+水の重さ

になります。

たとえば、水80g、塩20gの食塩水ですと、食塩水全体の重さは

80g+20g=100gになりますね。

ここまではOKですか?

食塩水の割合は食塩水の中に入っている塩の割合のこと

食塩水の基本的な考え方

続いて食塩水の濃度について考えていきましょう。

食塩水の濃度は食塩水全体のうちの塩の割合なので、

食塩水全体=100gのうちの塩=20gなので、

20g/100g=20%と書くことができました。

↑20/100×100%=20%

ここまでが食塩水の基本的な考えでした。

今回の問題はこれらを使って問題を解いていきましょう!

問題に挑戦ちょうせん

8%の食塩水Aと、濃さのわからない食塩水Bがあります。A150gとB何gかをぜたところ、10%の食塩水が250gできました。食塩水Bの濃さは何%ですか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん