「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
列車が通り過ぎた時間から時速を求めるには?

〈中学受験・通過算〉列車が通り過ぎた時間から時速を求めるには?

はじめに

みなさんこんばんは!!

「さんすうがく」のい小人です。

受験生のみなさんは電車に乗って受験会場へ向かうと思います。

そんな電車に関する問題に今日はチャレンジです。

早速ヒントから見ていきましょう〜!

すぐに問題から解きたい受験生は、問題に挑戦ちょうせんからチャレンジしてみてください。

速さの基本きほん

中学受験算数、通過算に関する問題のイラスト解説

速さの復習はこちらのイラストを見ておきましょう。

びょうそく1秒間で進む距離きょり
ふんそく1分間に進む距離きょり
じそく1時間に進む距離きょり

ここまでが速さの超基本です!しっかり確認かくにんしておいてください。

時速を分速になおす練習をしてみよう

中学受験算数、通過算に関する問題のイラスト解説

さて、通過算では時速や秒速が出てきます。

速さの問題で大事なのは「単位をそろえる」ことでしたね。

なのでここでは時速(1時間で進む速さ)を秒速(1秒間で進む速さ)になおす練習をしていきましょう。

時速から秒速へ一気になおす前に、まずは時速から分速になおしていきましょう。

中学受験算数、通過算に関する問題のイラスト解説

360km=1時間360km進むということです。

1時間で360km進むので、1分ではどれくらい進むのと同じでしょうか。

ここで「単位をそろえる」考え方を使いましょう。

1時間60分なので、

60分360km進むと考えることができます。

よって、1分では360km×1/60=6kmとなります。

分速を秒速になおす練習をしてみよう

中学受験算数、通過算に関する問題のイラスト解説
6km1分間で6km進むということです。

1分間で6km進むので、1秒だとどれくらい進むのか考えます。

ここでも「単位をそろえる考え方」を使いましょう。

1分60秒なので、

60秒6km進んでいることになり、

1km=1000mなので、6km=6000mとなります。

よって1秒間で進む速さは60001/60=100mです。

さて、ここまで理解できれば問題にチャレンジしていきましょう。

問題に挑戦ちょうせん

長さ450mの列車れっしゃが、線路ぎわに立っている人の前を9秒で通過しました。この列車れっしゃの速さは毎時何kmですか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん