「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
上流と下流まで進む時間から川の速さを求めるには?

〈中学受験・流水算〉上流と下流まで進む時間から川の速さを求めるには?

はじめに

みなさんこんばんは!!

「さんすうがく」のい小人です。

「さんすうがく」の小人のイラスト

今回解く問題は「流水算」に関する問題です。

「さんすうがく」ではじめて勉強する受験生にもわかるようにていねいに解説していますので、一緒いっしょにがんばっていきましょう。

流水算の復習から!

中学受験算数、「流水算」に関するイラスト解説

流水算では、上(上流)と下(下流)に向かう場合で船の速さが変わります。

たとえば、船が上流に向かって進むとき船の速さは少しおそくなります。

このときの船の速さはのもとの速さ–の速さで求めることができます。

逆に船が下流に向かって進むとき船の速さは少しはやくなります。

この場合、船の速さはのもとの速さ+の速さで求められます。

以上が流水算の基本でした。

このポイントをおさえながら、問題に挑戦ちょうせんしていきましょう!

問題に挑戦ちょうせん

ある川を静水時の速さが一定の船で80km下るのに5時間、20km上るのに2時間半かかりました。この川の流れの速さは毎時何kmですか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん