「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
時計の長針と短針が重なる時間を求めるには?

〈中学受験・時計算〉時計の長針と短針が重なる時間を求めるには?

はじめに

みなさんこんばんは!!「さんすうがく」のい小人です。
今日は中学受験算数の「時計算」について勉強していきましょう!!

時計算のヒントを復習しよう

時計には長針ちょうしん短針たんしんがありましたね。

長針ちょうしんは時計の長いはりのことで、短針たんしんは時計の短いはりのことだよ!!

まずは長針ちょうしんの進む速さから確認しましょう!

中学受験算数、「時計算」に関するイラスト解説

時計の長針ちょうしん1時間1周しますので、1分進むことになります。

なのでイメージとしては長針ちょうしん(図のい小人)が1分で6°の速さで進んでいるような感じです。

次に短針たんしんの進む速さについてみてみましょう。

中学受験算数、「時計算」に関するイラスト解説

時計の短針たんしん12時間1周しますので、1分0.5°進むことになります。

まとめると!!
長針ちょうしんの進む速さは/分(1分で進む)
短針たんしんの進む速さは0.5°/分(1分で0.5°進む)だよ!

時計算を旅人算みたいに考えてみよう

時計算を得意にするためのもう一つのコツは、時計算を旅人算のように考えることです。

中学受験算数、「時計算」に関するイラスト解説

たとえば、3時のとき長針ちょうしん短針たんしんの間の角度は90°になります。

そして2つのはりは同じ方向に向かって進むので、線分図に変えると右の図のように書くことができます!

進む速さの単位が「m」や「km」の距離きょりではなく、角度(6°や0.5°)というところが今までの旅人算とちがいますがそのほかの考え方は旅人算と全く同じです!

まだよくわかっていない受験生のみなさんも今日の問題を解きながら勉強していけばOKです。

さっそく問題に挑戦ちょうせんしていきましょう!!

問題に挑戦ちょうせん

4時と5時の間で、時計の長針と短針が重なるの時刻は4時何分ですか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん