「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
時計の長針と短針が直角になる時間を求めるには?

〈中学受験・時計算〉時計の長針と短針が直角になる時間を求めるには?

はじめに

みなさんこんばんは!!「さんすうがく」のい小人です。
今日は中学受験算数の「時計算」について勉強していきましょう!!

「さんすうがく」の基礎編きそへんで時計算を勉強するのはこれで3回目になります!

1回目、2回目については次のページの最後に紹介しょうかいしていますので、今回の問題が少しむずかしいな〜と感じた受験生はまずはこの2つの問題からチャレンジしてみてください!

それではいきましょう〜

時計算の総まとめ!

今までの時計算のポイントをまとめてみます。

ここの内容がまだよくわからない受験生は、次のページの時計算の復習からやってみましょう。

時計の長針ちょうしん短針たんしんの進む速さはなんだっけ?

中学受験算数、「時計算」に関するイラスト解説

長針ちょうしんの進む速さは/分(1分で進む)
短針たんしんの進む速さは0.5°/分(1分で0.5°進む)でしたね!

時計算を線分図にしてイメージしてみよう

中学受験算数、「時計算」に関するイラスト解説

長針ちょうしん短針たんしんのイメージは線分図のようになります!
今回は6時のときの図を書いているので、180°はなれたところから同じ方向に進んでいると考えることができますね!

さて、この記事の問題は上の2つのポイントをきちんと理解していないと解けないくらいむずかしめな問題になっています。

分からなくても、解説でていねいに説明していますのでぜひチャレンジしていきましょう。

問題に挑戦ちょうせん

10時と11時の間で、時計の長針と短針のつくる角が直角になることがあります。2回目は10時何分ですか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん