「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
高校受験に合格できた理由

〈悪夢の中学受験全敗から早稲田へ〉僕が中学受験で失敗し高校受験で成功できたわけ

はじめに

みなさんこんにちは!「さんすうがく」のい小人です。
今日はい小人の受験について少しくわしくお話ししようと思います。
同じように受験でくやしい思いを受験生がしないように書きましたので、
お父さん、お母さんと一緒にぜひ読んでみてください。

↑こちらの記事は自分の経験を書いただけですので、合格を保証するものではありません。
あくまで参考程度でよろしくお願いします!

赤い小人が高校受験で合格できた4つのポイント

自己紹介じこしょうかいの記事でも書きましたが僕は中学受験で全敗しました。

↓こちらの記事で自己紹介しています。

「さんすうがく」へようこそ!〜赤い小人の自己紹介〜

当時小学6年生だった自分は目の前が真っ暗まっくらになったのを覚えています。

そんない小人があきらめずに高校受験で早稲田に合格できたのには下の4つのポイントがあると思っています。

合格に必要だった4つのポイント

  1. かなりの負けずぎらいだったこと
  2. 試験の科目が4教科から3教科にったこと
  3. 苦手な算数を一から数学として勉強できたこと
  4. 目に見える成長、努力があったこと

今からこの4つについて説明していきます。

中学受験で失敗して、高校受験で合格した人のイラスト

①かなりの負けずぎらいだった

高校受験に合格できた理由のイラスト

まず第一に僕が高校受験で成功した理由として、自分の負けずぎらいの性格が大きかったと思います。

「いや、でも負けずぎらいなら中学受験も頑張がんばれたやん」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、それとは少しちがいます。

負けずぎらいだったのはまわりと比べておとっているのがいやだったという劣等感れっとうかん、そして頑張がんばって勉強したのに結果が出なかったという敗北感はいぼくかんだと考えています。

この2つの点を考えると、僕の中学受験の環境はあまりよくなかったのかもしれません。

中学受験のときのじゅくの環境

僕が中学受験のときに通っていたのは有名なじゅくではなく、地元の進学塾でした。

受講料じゅこうりょうも大人になった今考えるとかなり高額でしたが、それに見合った経験豊富な素晴らしい先生方に教えていただいていたと感じています。

小学生だった僕はおさないなりにそのことを自覚していました。

しかし、唯一ゆいいつ足りなかった点を上げるのならば、それはテストの少なさでした。

高校受験に合格できた理由のイラスト

地元の塾であるがゆえに大手塾で行われているような月に1回のテストをなかなか受けることができませんでした。

外部の生徒と同じテストを受けるとしても3ヶ月に一回の模試もしくらいでした。

塾の中で受ける小テストもそもそもの人数が少ないので自分が今、他の受験生と比べてどの立ち位置にいるのかが全くわかりませんでした。

テストを受けないと、テストで良い結果を出すといった短期的たんきてきな目標がなくなってしまい、劣等感れっとうかん敗北感はいぼくかんを味わうことなく受験本番まで過ごしてしまいます。そして僕はまさにそうでした。

クラス分けテストで劣等感れっとうかんいだくときもありましたが、自分とレベルがあまりにもちがいすぎたのであまりくやしい思いはしておらず、むしろ「すげーな」くらいにしか思っていなかったのです。

これらの要因で僕は中学入試本番で限界げんかいを超える敗北感はいぼくかん劣等感れっとうかんさいなまれることになりました。

合格者発表の時の母親の顔は今でも鮮明せんめいに思い出すことができます。

このくやしさが高校受験成功の要因となったのは間違まちがいありません。

②試験科目が4科から3科にった

高校受験に合格できた理由のイラスト

ここからは高校入試を頑張がんばる全ての人に共通して言えることですが、中学入試とちがい、一般的いっぱんてきに試験科目は3科にります。この1教科分のハンデは僕にとって精神的にも勉強的にも大きかったと思っています。

また、試験科目としてなくなった「理科」「社会」よりもみんなが一から始める英語の方が勉強しやすかったのも事実です。

せっかく一からのスタートならまた頑張がんばってみようかなと思うことができました。

中学受験のために入塾したときは途中からの参加といった形だったので僕自身あまり理解できず、予習復習もできなかったので完全に置いてきぼりでした。

漫画まんがでもそうですが、途中とちゅうから読み始めるのには相当な覚悟かくごが必要です。ましてや、自分の好きじゃない漫画まんがならなおさらです。一から読み直す根気こんきが僕にはなかったのも失敗の原因だったと反省しています。

③苦手な算数を一から数学として学べたこと

高校受験に合格できた理由のイラスト

先ほどの内容と重複ちょうふくしますが、高校受験では英語だけでなく数学も一から学ぶことができました。

これは本当に自分の中では良かったと思っています。

なぜなら昔の自分も含めて、学生の中には「算数=数学」と考えてはじめから苦手意識を持ってしまうことも頻繁ひんぱんにあるからです。

算数は数学ではなく、算数のやり方を高校入試版にアレンジしたものが数学だと考えています。

たとえるなら、算数はDS版のスーパーマリオで、数学はSwitch版のスーパーマリオといった感じです。

DS版をやっていればなんとなくのやり方や、クッパとマリオのストーリーを理解することができるのでSwitch版も理解しやすいと思いますが、Switch版から始めても理解はできますし、ストーリーをクリアすることもできます。

あまり心配しすぎないで、理解する努力さえすればついていくことはそう難しくはないはずです。

④目に見える成長、努力があったこと

高校受験に合格できた理由のイラスト

僕はやったものの成果や、過程かていが目に見えるほうがモチベーションを保てる人間でした。

「さんすうがく 」のようなウェブサイトで問題の解法をせたり、経験談けいけんだんを書いたりするのも、この性格によるものだと思います。

やってきたことの結果を示す代表的なものはテストの答案です。

僕が通っていた大手高校受験塾では月に1回必ずテストがあり、成績上位者の名前を張り出します。

それだけでなく、全国にいる成績上位者の名前一覧を冊子にして全国にある校舎へ配布していました。

数学や英語はみんな一から始めていたので、僕はかなり簡単に成績上位に入ることができました。

課題量が中学受験と比べてかなり少なく、入念に行うことができたからです。

高校受験に合格できた理由のイラスト

これが僕の劣等感れっとうかん優越感ゆうえつかんに変えました。

また成績が下がった際には負けじと頑張がんばり、月に1回の冊子にることや、偏差値、順位を目標に勉強することができました。

それだけでなく、努力も目に見える形で残そうと思い、当時先生から教わった自主学習ノートを作ることにしました。このノートには自習した内容、時間、その日の感想などを書き込みました。

このやり方がかなりハマり、中3の夏休みから入試までに300時間以上自習することができました。

毎月自習した時間を集計して、それらを自信にすることで月1のテストで良い結果を出せるようになり、また頑張ろうと自習して、といった良いサイクルが生まれました。

高校受験に合格できた理由のイラスト

僕が中学受験で失敗し高校受験で成功できた理由のまとめ

合格に必要だった4つのポイント(まとめ)

  1. かなりの負けずぎらいだったこと
    • たくさんの受験生と競うことで勉強のやる気を上げることができた!
  2. 試験の科目が4教科から3教科にったこと
    • 苦手な「理科」「社会」がなくなって気持ちに余裕よゆうができた
  3. 苦手な算数を一から数学として勉強できたこと
    • 気持ちを切りかえて苦手教科を克服こくふくできた
  4. 目に見える成長、努力があったこと
    • 自分で自分のやる気を上げることができた

以上の4つのポイントで自分は高校受験でいい結果を残すことができました!
みなさんの受験の参考になったでしょうか?

参考になっているかはわかりませんが、マネできるところが少しでもあればぜひ実践じっせんしてみてください!

何事も挑戦ちょうせんすることが大事です。

そして挑戦ちょうせんするだけでなく、失敗し、反省することが「自分を理解すること=合格すること」につながります。

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん