「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
1人がゴールしたときもう1人が何m後ろにいるか求めるには?

〈中学受験・速さ〉1人がゴールしたときもう1人が何m後ろにいるか求めるには?

はじめに

みなさんこんばんは!!

おなかぺこぺこの「さんすうがく」のい小人です。

今日も「速さ」の問題を解いて解いて解きまくりましょう!

同じようで、すこ〜し違う今回の問題、果たして正解できるでしょうか?

一発で正解できたらきちんと今までの「速さ」の問題が復習できていると思います。

それではいつも通り、ヒントから見ていきましょう。

↑ヒントを見ずに先に問題に挑戦したい受験生は、さっそく問題に挑戦ちょうせんしてみてください!

楽に問題を解いてみよう!

中学受験算数、「速さ」に関するイラスト解説

たとえば、い小人が500m6分で走ったとします!

このとき、250m何分で走ったのかをもとめてみましょう。

やってはダメな計算方法

中学受験算数、「速さ」に関するイラスト解説

まずはやってはいけない解き方を紹介しょうかいします。

今回のやってはいけない解き方は、

6分500m走ったので、
1分間で何m走ったのかを計算することです。

なんで1分間で走った速さをもとめてはいけないのか?

別に求めてはいけないわけではないのですが、テストで解くときに時間がかかってしまうのでやめておきましょう、ということです。

今回の問題で分速(1分間に進む速さ)を求めてはいけない理由は、数が割り切れないからです。

500m÷6分83.3333•••m/分となってしまい、これでは計算ができませんね。

分数を使って計算できますが、それでも時間がかかってしまいます。

↑分数で解く場合、500m÷6分=250/3(m/分)となり、計算することができます。でもめんどいです。

かんたんなやり方で走った距離きょりもとめよう

中学受験算数、「速さ」に関するイラスト解説

今回知りたいのはい小人の分速(1分間で進んだ速さ)ではありません。

今回知りたいのは250mを何分で走るのかということです。

なので、分速を求めなくても実はかんたんに答えを出せます!

走る時間と走った距離きょりは比例する

500m6分で走ったので、半分距離きょり250mは、半分の時間の3分で走ったことになります。

これは走る時間と走った距離が比例しているからです。

長く走れば走るほど、遠くへ進むことができますね?これが比例の考え方です。

逆に同じ距離きょりを早く走れば走るほど、かかる時間は短くなりますね。これを反比例とよびます。

↑あやしい受験生は次のページの最後に復習問題を用意しているのでぜひ勉強してみてください。

ここまで分かれば、今回の問題は楽勝らくしょうです!!!

さて、やっていきましょう!

問題に挑戦ちょうせん

100mを走るのに、兄は18秒、妹は20秒かかります。2人がこの速さで50m競争きょうそうすると、兄がゴールについたとき、妹は何m後ろにいますか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん