「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。

忘れ物大丈夫??受験当日に持っていくべきもの(受験の持ち物リスト)

受験を控えた皆さん。

最後の準備です。何を持っていけばいいのか調べていることでしょう。

中学受験、高校受験を経験した僕の実体験を元にした、絶対に持っていくべきものを紹介します。

  • ティッシュ・ハンカチ
  • ホッカイロ
  • スリッパ
  • ノート
  • 時計

それぞれ詳しくみていきましょう!

ティッシュ・ハンカチ

まずは持ち物の定番?であるティッシュです。

ポケットティッシュでも構いません!

特に風邪を引いていなくても、持っていきましょう。

受験の時、教室が寒すぎて体調が悪くないのに鼻水が止まらなかったことがあります。

トイレでも手が濡れっぱなしだと試験用紙も汚れてしまうので必ず持ち歩きましょう。

ホッカイロ

先ほども書いたように、

試験会場は必ずしも暖房設備が整っているとは限りません。

寒いと鼻水が止まらなかったり、僕の場合はお腹を壊してしまう場合もありました。

試験会場に入って時に寒さを感じたらすぐに体を温められるように、準備しておきましょう。

貼るタイプのホッカイロ

スリッパ

折り畳めるやつがいいです。

これは学校によって仕様が異なる場合がありますが、

何校かの入試はスリッパ持参でした。

僕の場合、いちいち持って行ったり家に置いたりするのが面倒だったので

毎回カバンに入れておくようにしました。

一度忘れてしまって、とても恥ずかしい思いをしたので、そうなりたくない方はぜひ。

受験勉強で使ったノート

受験当日にやれることは限られるので、

ノートを持っていく意味は正直あまりないです。

ノートたち

暗記物を最後まで詰め込むために持っていくのはアリかもしれません。

ですが、僕の場合持って行った受験勉強ノートは自信をつけるためのノートでした。

頑張って書いたノートや、名言ノートなるものをつくって受験へのやる気をあげていました。

当時はネットでコピーしたものを切ってノートに貼ってました。

自分の努力が形に残っていると自信に必ず繋がります。

暗記系のノートとやる気をあげるノートの二冊を持って行ってはいかがでしょうか。

時計

最後に忘れてはいけないのが時計です。

時計といってもアナログではなく、デジタルの時計が望ましいです。

圧倒的にデジタルがいいです。

なぜならアナログでは正確な時間が測れないからです。

最後にあと何秒あるのか、その時間次第でできることは様々です。

デジタル時計のタイマー機能で、残り時間がすぐにわかるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上記の持ち物さえ忘れなければ、受験本番であたふたすることはないでしょう。

もちろん、筆記用具や受験票も忘れずに!!

頑張って!!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

中学受験合格へ

「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。