「さんすうがく」へようこそ! このサイトでは中学受験合格に必要な算数の解説を紹介しています。
仕事を進める割合から仕事を終える日数を求めるには?

〈中学受験・仕事算〉仕事を進める割合から仕事を終える日数を求めるには?

はじめに

今回も和と差に関する問題に挑戦ちょうせんしていきましょう。

この問題では、仕事算という大事なキーワードが出てきます。まずはこの仕事について勉強してみましょう。

仕事算についてのイラスト解説

それではさっそくかんたんな例を見て確認してみます。

仕事算の例題を見てみよう!

仕事算のイラスト解説

小人たちがある1つの宿題を進めています。2人の小人で宿題をすると、毎日2時間ずつで3日かかります。4人の小人で仕事をして、1日で終わらせるには何時間かかりますか。

解答

3時間かかる

解説を見てみよう!

仕事算の問題では仮定すること、が大事なポイントになります。

仮定とは?:もし○○だったらどうなるだろうと想像して問題を解いてみる考えのこと

仕事算で仮定することとはどういうことでしょうか?

解説を見てみてください。

この問題では小人が1時間でする宿題の量を①と仮定します。

そうすると、小人が2時間でする仕事は②になりますよね?

ではこの小人が2時間の仕事を3日行ったら、仕事量はいくつになると思いますか?

正解は ②/1日(1日でする仕事)×3日=⑥ となります!

では、2人の小人が毎日2時間ずつ3日かけて行う宿題の量は

中学受験算数、仕事算のイラスト解説

2人×2時間×3日=⑫と考えることができます。

この⑫が宿題の量なので、4人で1日で終わらせるためには、

⑫(宿題の量)÷4人÷1日=3時間/1日 となります。

中学受験算数、仕事算のイラスト解説

よって4人の小人が3時間ずつ仕事をすれば宿題を終わらせることができます!

このように仮定して考える問題が仕事算の問題でした。

それではさっそく問題に挑戦ちょうせんしていきましょう!

問題に挑戦ちょうせん

ある仕事を仕上げるのに、5人が毎日6時間ずつ働くとちょうど10日かかります。15人が毎日1時間ずつ働くと、この仕事を仕上げるのに何日かかりますか。

解答は次のページから!

NO IMAGE

クラウドファンディングご協力者の方々

yuchanmanさん,ばーやんさん, sarie oさん,nubusunさん,yama8139さん,marissaさん